2011年08月21日

ドライバーの打ち方を変えてスライスを無くす

ドライバーの打ち方がどうもうまくない。
アイアンはまっすぐ飛ぶのにドライバーはスライスしてしまう。


そう悩んでる方は、多いのかと思います。


体重移動を変えてみたり、ボールを置く位置を変えてみたり、
インパクトの時にドライバーのフェースが開いているのかなど、
いろいろ試行してみたけど変わらないのは何故?


アイアンは打てるけど、ドライバーだけどうして駄目なの?


もしかしたらドライバーだけスイングを変えてみるより、
両方とも同じスイングでアイアンもドライバーの打ち方も
同じにして見てはいかがですか。


もし、やってみたいと思われた方におすすめの方法を
ご紹介します。

最近プロのトッププレーヤーも取りれて好成績を出している、
世界最新左一軸スイング
見て下さい。


この方法で、ドライバーの打ち方もアイアンの打ち方も安定する事が
期待できると思います。

世界最新左一軸スイングをみてみる


ゴルフクラブ | ゴルフのアプローチ | スライスを直したい | アイアンの飛距離をのばす | ドライバーの飛距離 | 中古のゴルフクラブ


posted by バッケ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ
楽しく体を動かしましょう!おすすめサイトのリンク集
レンタルサーバー